飛距離アップ Q and A

知恵袋からの飛距離アップについての質問を拾ってきました。

Question

100切りのために、ゴルフで飛距離を伸ばす方法を教えてください。 キャリア2年半を超えました。
昨シーズンまでは120を切れずにいたのですが、冬場の練習の成果もあり、今シーズンは110・106・107と安定してきております。
ゴルフの内容としては、ボギーオン2パット~ダボオン3パットの間で+1~+3を重ねてスコアメイクをしている感じです。
今シーズン中に100を切れるように頑張ろうと思っているのですが、飛距離がネックになっております。

ドライバーは200y飛びません。7Iも練習場で110yちょっと、本番では100yも飛びません。
ショートホールの140yで7Wを使い、ベタピンバーディを取ったりします。
ここまで飛ばないのは社内や仲間うちでも珍しく、周りの上級者には、アイアンはすくい打ちになっており、ヘッドが走らず
手だけが走ってると指摘されておりますが、どう直していいのかわかりません。

テニス歴10数年、体は硬い方です。
球の軌道はほぼまっすぐ、練習不足だとスライスが出ますが、フックはほとんどありません。
アイアンなども球が当たってないと指摘され、試しにクラブをボールにくっつけてから打ちだすと、まったく前にいきません。
どのアイアンの番手を持っても、天高く舞い上がるような形です。

もちろん、アプローチやパターを練習すれば100を切れるのはわかっています。
アプローチを1パット圏内に寄せるのもそこまで上手くはなく、パターも40を切ることは稀です。

しかし、飛距離がここまで飛ばないゴルフでは、正直ふがいなさややるせなさが募り、心から楽しんでプレーできません。
自分の会心のティーショットフェアウェイど真ん中より、他人のスライス崖下の方がはるかに飛んでいるという現状です。

飛距離を伸ばすための考え方や練習法、アドバイスをいただければと思います。
よろしくお願いします。

Answer

この方の場合、アイアンのインパクト時のグリップエンドの位置が自分からみ見てかなり右側にあり、ロフトがかなり寝た状態になっていることで球が上がりすぎて飛距離をロスしていることが想定されます。ウッドではこのようなインパクトになると、フェースに当たりませんので適正範囲に収まっているのだと思われます。ウェッジなどのロフトが大きいクラブで低い球を打つためにヘッドよりもグリップエンドがかなり先行(ハンドファースト)してインパクトできるようにして適正なインパクトロフトになるように練習されるとアイアンの飛距離がかなり伸びるはずです。

このようなケースの場合はスイングに大きな問題がありますのでヘッドスピードを上げて飛距離アップを求めても効果は出ないでしょう。

アマチュアの方の多くはスイングを含むクラブのボールへの当たり方を改善するだけでかなりの飛距離アップにつながります。飛ばないスイングでヘッドスピードを上げてもスコアにはつながりませんので、飛距離アップを望むためには軽く振った中で飛距離が出る打ち方を見つけて行こうとすることが飛距離アップへの近道になると思います。