飛距離アップのための簡単なエクササイズ♪

クラブを振るために一番大きく作用する筋肉は大胸筋と広背筋でしょう。大胸筋とはムキムキな人が胸の筋肉をプルプルさせるあの筋肉です。広背筋は同じくムキムキな人が「気を付け」をしたときに腕が体側につくのをジャマする筋肉で背骨の下半分と腕の付け根を結ぶ筋肉です。

Question

これらを鍛えるために、日常生活の中で両側に肘掛けの付いた椅子から立ち上がるときにできるだけ脚を使わず腕を使って立ち上がるようにすると両筋肉が刺激されます。しっかりと強くしたいなら、できるだけ腕を使って立ったり座ったりを繰り返すことで鍛えることができます。この力が相当に鍛えられると十字懸垂ができるようになります。まあ、しないと思いますけど・・・・・・。

Answer

この二つの筋肉が鍛えられればかなりクラブをしっかり触れるようになるはずです。するとバランスとして強く振られたクラブに振られてしまわないように腹筋や背筋、下半身が強くできれば飛んで曲がらないスイングが出来る体に近づくことができると思います。

((((((( ‥)ノ |EXIT|