ヘッドスピードUP

以前テレビ番組で見た事ですが、陸上競技の100M走のトレーニングで選手の体の重心あたりに長いロープを取り付け100M走のスタートラインでスタートの準備をします。スタートしたらゴールの向こう側に準備したウィンチで選手を引っ張り、ベストタイムをわずかに更新させます。この未経験のスピードを体験することで潜在意識をこのスピードで走れるんだと勘違いさせるそうです。

 

潜在意識はウィンチで引っ張られたから早く走れたことは理解できません。まんまと騙された人はタイムが上がるそうです。いい意味で脳を騙すということです。

 

ゴルフに置き換えてみると、自分のクラブより軽い物(ヘッドのついてないシャフトの先端に数十グラムのオモリをつけたものなど)を普段出せないスピードで何度もスイングします。そのまま打つと自分のクラブが重く感じて振りにくくなってしまいますので、逆にマスコットクラブなどで相殺します。

 

やり方の例としては、まずマスコットクラブを全力で10回以上スイングします。次に軽い物を全力でスイングします。最後に自分のドライバーを持ってボールを打ちます。重いものを振った後は自分のクラブが軽く感じ、軽いものを振ったら重く感じてしまいますので自分のクラブが通常通りか少し軽く感じるように軽い、重いを振る回数を何度か繰り返しながら調整してください。また周囲の安全に注意しながら行いましょう。

 

回数が決まったらこのドリルを定期的にやってみましょう。パワーとスピードが身につくはずです・・・・・・・・・・・・・・・・・・。  多分・・・・・・    (x_x) ☆\( ̄ ̄*)どっちやねん?