飛ばすための要素を理解しておきましょう

プロも含め。ゴルファーの誰もが方向性を損なわないのであれば少しでも飛ばしたいという思いはあるでしょう。

 

いや、少々曲がっても・・・。

 

という人も多いと思いますが、これには賛否両論あるかもしれません。

 

飛距離を決定する3要素は、打球の打ち出し速度、打ち出し角、スピン量です。

 

それぞれを決定する要素は次のようになります

 

打ち出し速度

ヘッドスピード ヘッド加速度 打点 インパクトロフト ヘッドの軌道に対するフェース向き(フェース向きと軌道が直角のときに最も初速が上がる) クラブ重量(特にヘッド) フェースの反発係数

 

打ち出し角度

インパクトロフト 軌道の上向き度合い 打点

スピン量

軌道に対するフェースの上向き度合い(大きいほどスピンが増える) 打点

 

 

これらの様々な要素と他にも小さな影響がが絡み合って、空中の環境や着弾以降の地面の影響を受け、最終的な飛距離が決まります。

 

そして、すべての要素が自分の最高の状態がその人の最高飛距離となります。

 

飛距離を伸ばしたいと思ったときには、闇雲に思い切り振るだけでなく、上記の要素を自分が飛距離アップするような方向に調整することで大幅な飛距離アップが可能になります。

 

いい換えると、それが飛ばしのメカニズムということになるわけですが、車種が変わるとチューンアップ方法が変わるように、人それぞれで飛ばし方も異なります。

 

飛ばしの要素をどのように変化させればいいか?そのためには何をどうすればいいか?を追及していって欲しいと思います。

 

飛ばすために思い切り振るというのは万策尽きた後の最後の手段として飛距離アップに関して突き詰めていくと、スコアも出せる飛距離が手に入れられると思います。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします