バンカーのならし方

自分の打ったショットがバンカーに入った時に、前にバンカーを打ったプレーヤーがならしてなかったり、適当にならしたためにいやな思いをする事がまれにあります。

 

知っている方が多いとは思いますが、知らない方もいらっしゃると思いますので皆が気持ちよくラウンドをできるようにバンカーのならし方をおさらいしたいと思います。

 

まずバンカーレーキですが、砂をならす面には櫛のようになっている部分と滑らかになっている部分の2種類がたいていあります。

 

まず初めに櫛のようになっている部分であらかたならして、そのあとに滑らかな方できれいに仕上げるという手順で行います。

 

砂をならす方向は、あまり気にしていない方も多いようですが、ボールがあった場所とピンを結んだ方向にならすのが良いエチケットとなります。

 

グリーン上のピッチマーク修復などとともに、バンカーでも次の方への配慮をお願いいたします。