抜けの良いバンカーショット

バンカーショットの上手な方と苦手な方の違いは、クラブヘッドが砂をたたく音の違いに現れます。

 

上手な方はクラブのバウンスから砂を叩くので、しっかりとした音が出るのに対して、苦手な方はリーディングエッジから入れるのでバウンスで叩くほどの音は出ません。

 

上記の現象は、インパクトロフトとも関係しますがバウンスを使える状態にするにはある程度クラブフェイスを開く必要があるのでしっかりと振らなければ距離が出ません。

 

飛距離がある程度出る方はサンドウェッジを使用し、飛距離の出ない方はA.Wなどを使用して砂をバウンスでしっかり叩けるように練習されるとグリーン回りのガードバンカーを攻略できるでしょう。