バンカーの砂の均し方

バンカーに入る際はアゴの低い所から入り同じ所から出るようにすると足跡を均す際に手間が省けます。

 

また、砂を均す際は次に入った人が打ちにくくならないように奇麗に均すのがすのがマナーです。

 

しかし、残念ながら、最近のセルフプレーが多いゴルフ場などでこれらのマナーがなっていない人が多く、足跡を均さない人や、雑な均し方で済ませてしまう事が多いのが現状です。

 

このような人達のほとんどは、バンカーショットの際のボール周辺の砂の凹凸があっても気にならない人が多いようです。

 

特にヘッドが入るボールの手前の砂が盛り上がっていると格段に難易度が増してしまうのですが、奇麗に均してある砂の上とそうでない砂の上から打つ時の差がわからないのです。

 

上級者ほどボール周辺の砂の状態で結果に大きく差が出る事をわかっているので、砂の均し方も丁寧に綺麗に均してバンカーを出ていきます。

 

あなたはいかがでしょうか?

 

特にクロスバンカーでの砂の凹んだような所に入ってしまったボールはトッププロでも飛距離を十分に出す事が出来ません。

 

最後にバンカーから出てレーキを置く際は他のレーキの配置を観察して出来るだけ等距離に分散するような位置を見つけておくようにするといいでしょう。

 

更にレーキを置くときはボールがレーキに当たりにくいようにフェアウェイと並行に置くようにすると他のプレーヤーのプレーの邪魔にならなくなるので気を付けてみてください。

 

マナーを守って楽しくゴルフをプレーしましょう。