バンカーショットの古典的練習法

がーそバンカーからのエクスプロージョンショットが確率よく成功するための条件は同じライから打つ場合、ヘッドの最下点がいつも同じになる事です。

 

このための昔から行われている練習法の一つとして、奇麗に均したバンカーに長い線を引きます。この線の端ををまたいで構えて線をボールに見立てて砂を叩きます。線の手前数センチから左の砂を飛ばします。また、線から左を叩くようにしてもいいと思います。これはお好みでどうぞ。一回叩いたら一歩前か後ろへ移動してまた砂を叩きます。線に対して一定の位置にヘッドが接地して同じ深さ長さの砂を取れれば完璧です。

 

この時の砂をとった跡のばらつきがその人のバンカーショットの実力を表すといっても過言ではありません。プロや上級者なら一度はやったことがある練習法だと思います。夜の公園の砂場でこの練習をしていた研修生が警察から職務質問を受けたという話もありますのでバンカー練習場で時々試してみて下さい。定期的に行うと一つのバロメーターにもなると思います。

 

やってみると意外に難しいですがバンカーショットが上手くなりたい方は試してみて下さい。