朝のバンカー練習

 

ラウンド前の練習で、バンカー練習場が併設されているコースでは、砂の質や量を確認する為に何球かでも良いのでバンカー練習をする事をお薦めします。

 

ガードバンカーの砂質や量が把握できていれば、ピンに寄せやすいバンカーや、寄せづらいバンカーを想像することが出来ると思います。

 

私の個人的な見解ですが、柔らかい砂の特徴としては、遠くに飛ばすことが難しいですし、固い砂の場合は、反対に近距離すぎると難しくなると思います。

 

砂の量も多いと遠くに飛ばす事が難しく、反対に少ないと近距離過ぎると難しくなると思います。

 

上記の事が事前に分かっていれば、このコースのバンカーの砂は柔らかいから、ピン迄の距離が遠いバンカーは避けようと考えたり、反対に砂の量が少ないので、近すぎるバンカーは避けようなど、入れてはいけないバンカーや、反対にこのバンカーなら入れても良いなどの推測が可能になります。

 

初めてのコースを回る場合は、コースマネジメントと言ってもコースを知らない訳ですから、推測しか出来ないのですが、推測をするという行為は、自分の想像力を鍛える為にはとても重要な事だと思います。

 

バンカーから大叩きにつながってしまう事が多い方は、スタート前のショットの練習よりも、バンカー練習をお薦めします。