バンカーショット

雑誌などに載っているバンカーショットのレッスンで多いのは、オープンスタンスに構え、クラブフェースを開き、カットに振るといった内容だと思います。

 

ひとくちにバンカーショットといっても、バンカー内の球の止まった場所により、様々な傾斜があります。傾斜地のショットでは、斜面と平行にクラブヘッドが動く事が理想だと私は思います。

 

アウトサイドインの軌道は、簡単にいうと、高い所から低い所にクラブヘッドを振る軌道です。バンカー内の左足下がりであれば、斜面に沿ってクラブを振りやすく、相性の良い軌道だと思います。

 

反対にインサイドアウトの軌道は、低い所から高い所にクラブヘッドを振る軌道です。バンカー内の左足上がりであれば、斜面に沿ってクラブを振りやすく、相性の良い軌道だと思います。

 

私の経験上、上記の通り、スライサーは左足下がりのバンカーが上手く、フッカーは左足上がりのバンカーが上手い人が多い様な気がします。

 

バンカーは、カットに振るというのは、決して間違いではないと思いますが、上級者などはインサイドアウトに振ってランを使ったバンカーショットや、カットに振ってスピンで止める打ち方など、様々なテクニックを駆使している方もいます。

 

バンカーショットの練習をする機会があったら、是非チャレンジしてみてください。