ヘッドの抜けが悪いバンカーショット

バンカーショットですが、”ザックリやトップが多く、上手く出てもランが出やすい傾向の方”、少し話を聞いてください。レッスンしていて実際あった事ですが、バンカーは砂を打つものだからといって一生懸命クラブヘッドをボールの下に叩き込んで打っている方がいました。私からするとそのような道具の扱い方は、深い目玉になった場合には有効でも、それ以外では打ち込むポイントがすごくシビアになり難易度の高いやり方だと感じます。結果、ヘッドが抜けにくく、サンドウェッジの機能が発揮されず、砂の取れ方も、クワで掘ったような深い土まで出る始末。

この方には、バンカー内でも普通のピッチショットようなクラブさばきでショットする練習をしたところ、ヘッドが抜けるとはこういう事かと合点がいかれたようです。結果、砂の取れ方もバウンスではじき散らす様な取れ方に変わり、ヘッドを開いてなくてもそれなりにボールは上にあがり、スピンがキチンとかかっているな~という球が出始めました。

症状に思い当たる節がある方、是非トライしてみて下さい。(^J^)