バンカーショットやロブショットはフラットな軌道でスイングしましょう

フェースの向きを開いて握ったり閉じて握ったりしてスイングをするとクラブの振り心地が変わると思います。

 

これは、フェースの向きを変えるとヘッドの重心の位置が変わって全く別の特性のクラブになるからです。

 

グリーン周りのロブショットやバンカーショットの時にフェースを開いて使う場合は通常よりも開く度合いに応じてフラットな軌道のスイングにするとクラブにとって自然な動きになって振りやすくなります。

この時にフォローではフェースが返らないような操作が必要です。

 

フェースが返ると開いていたはずのフェースが普段の向きに戻ってしまい普段と変わらない弾道になってしまうので注意しましょう。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら