フェースの向きとショットの結果

基本的な考え方として、ショットのボールの行き先はインパクト時のフェースの向きに行くと考えておくといいと思います。

 

例外はフェースのボールが当たらずフェースの外周部分に当たってしまったらこの限りではありません。

 

コースや練習場でターゲットの右に10ヤードずれたとしたら、インパクト時にフェースがターゲットの10ヤード右に向いて当たったんだな、と分析してその理由や修正方法を探っていく習慣を付けておくといいと思います。

 

ただし、1球毎にそれをしていたらきりがないので、何球かのショットの傾向を掴んでから修正する作業をしましょう。

 

インパクトは細かく分析するとボールとフェースがくっついて移動する距離がありますから、ボールに当たる瞬間、一番ボールがつぶれる瞬間、ボールが離れる瞬間でもそれぞれフェースの向きは変わりますからいつの瞬間にスクエアにヒットしたらいいかと考えるとややこしいので、ボールが行った先にフェースが向いていたと考えて差し支えないと思います。