ワッグルの活用

先日、アドレスからテークバックへの入り方にバラつきが見られる方がおられました。

毎回大きくバラつく訳では無いのですが、微妙な違いが発生するという具合です。

本人に確認すると、毎回どう上げようかと苦心しているとの事。

この方の場合、クラブ操作の基本的な事は出来ている状況だったので、打つ前の予備動作、いわゆる『ワッグル』について尋ねてみました。

すると、「あ、確かにプロとかが試合でやってる打つ前の動作ですよね・・・・・、でも何の為にやってるんですかね?」と逆に質問をされてしまいました(>_<)

ワッグルを辞書で調べると、「ショット前にクラブやクラブヘッドを軽く振る予備動作の事で、集中力や過度の緊張をほぐす為」というような記載がされてました。

確かにこの効能はあると思います。更には、歌う時の前奏のような効能もあるのではと私は感じてます。要は、いきなり歌い始めるのではなく、前奏でリズムやテンポを軽く頭や体に伝える事で、歌い始めをしやすくするという事です。

こんなやり取りの後、やりやすいワッグルを行うようになってからは、テークバックが楽に(ゴチョゴチョ考えずに)出来るようになったとかで、喜んでおられました。

この話の中で思い当たる事があれば、少し研究してみて下さい。ただし、長いワッグルは他人に迷惑ですから、短く洗練されたものにして下さいね(^_^)/~