ロストボールの処置

ラウンド中、ボールを打って行ってみたらボールが無くなりそうな所でもないのに見つからない、林に打ちこんで行ってみたら見つからない、ティショットをぬかるんだフェアウェイに向かってナイスショットだったのに地面に突き刺さって見つからない、こんな時は5分以上捜索をして見つからないと「ロストボール」という事になり1ペナルティを払って元の位置まで戻って打ち直さなければいけません。

 

通常のアマチュア同士のラウンドだとそんな時プレー進行を遅らせない為に無くなった近辺から2ペナルティを払ってプレーを続行する処置をする事が慣例としてありますが。ルール上はロストボールの場合は元の位置に戻って打ち直しという事になっていますので知っておくといいでしょう。

 

公式競技はもちろん、クラブ競技や中にはルールに厳格なコンペもありますから、ロストボールになるかもしれない可能性がある時は、同じ位置から暫定球を打っておくようにしましょう。