手打ちとは?

ネット上などで初心者の自分のスイングに対するコメントで「手で打ってしまうせいかスライスが止まりません。」というようなコメントをよく目にします。

 

この手で打ってしまういわゆる「手打ち」とはどんなことをさしているのでしょうか?

 

私が思う手打ちとは左右の肩関節から上腕が動きながらスイングする事です。

 

何も持たずにアドレスの姿勢をとってみましょう。

 

次にグリップを解いて両腕をだらんと肩から垂らしてください。そして、肩関節から腕を左右にぶらぶらと振ってみると両肩から左右の腕が別々に振り子運動をします。これが手打ち。

 

グリップをした状態で両肩と腕を一体化した時の両肩を結ぶ線と両腕で三角形が出来ます。この三角形を首の付け根を中心に左右に振り子運動をさせると肩甲骨が左右にスライドして腕と肩甲骨が一体化した振り子運動になります。こちらがいわゆるボディターン、ボディスイング、大きな筋肉を使ってスイングするといった表現をされる打ち方です。

 

手打ちにならないために何をすればいいかを考える事で手打ちから脱却が出来るでしょう。