初心者のゴルフデビューへの道 その11 ~ショートコース編5~

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ デビュー戦一打目は何とかクリアしました。続きをどうぞ♪

 

最初にルールとマナーの基本を簡単に説明します。ルールについては、次の二つが基本になります。

あるがままに打て: 各ホールの一打目を打ったら、ボールを動かせるのはクラブだけだとい              うことです。

遠球先打: 各ホールの一打目を打ち終えたら、次からはホールから遠い順にプレーをしなさ        いということです。

あるがままに打てを守れない場合があります。ボールを紛失してしまったり、プレーの禁止区域に入ってしまったり、通常のストロークを行えない場合などです。このような場合に救済を受けることができます。プレー続行不可能、プレー禁止、通常のストロークを行えない状況などの状態をケースによってノーペナルティか何打かペナルティを払うことでプレーを続けてもいいですよ。と言う考え方です。また、プレーを有利に進めるためにするズルに対しての罰則があり、軽微な違反であれば即失格のところをペナルティを払ってプレーを続けてもいいですよと言うのが救済の基本スタンスです。

 

遠球先打は打球事故防止のためと同伴競技者のプレーを参考にすることがゴルフのゲームに有利に働くので、ルールとして取り決められているものです。

 

長くなりましたが引き続きデビュー戦二打目で遠球先打を説明したいと思います。

 

全員が一打目を打ち終えてホールから遠い順にグリーン手前でホールまで30ヤードほどのあなた、右手前のバンカーから25ヤードほどのAさん、ホール右横3メートルのCさん、ホール奥1メートルほどのBさんというボールの配置なのであなたが最初に打つことになります。打ち終えてもあなたが最もホールから遠い場合は自分より遠い人がいなくなるまで打たなければなりません。これを同伴競技者同士が阿吽の呼吸で進めていきます。ほぼ同じ距離の場合は第三者の意見に従ったり、グリーン上であれば旗竿を利用して測ったりする場合もあります。

 

そういうことで二打目を最初に打ったあなたはグリーンの一番手前、ホールまで10メートルの位置に何とか乗せました。バンカーからのAさんは上手くバンカーからは脱出に成功し、ホールまで6メートルに乗せました。これで全員がグリーンに乗ったのでいよいよパット勝負です。

 

つづく