右手グリップが決まらない方に

今回は右打ちの場合での右手グリップについて触れてみたいと思います。グリップについては現状悩んでないよという方はとばして頂いて結構ですが、どうも上手く握れてないな~とか、右手をしっかり握ると上手くいかないのでゆるくしか握れないないんだ~という方は少しお付き合い下さい。

結論からいうと、右手グリップは手のひらで握る感覚より、人指し指、中指、薬指の三本でグリップの裏側(アドレスして上から見える部分が表とした場合)を支えている感覚です。私のイメージとしては、剣道で竹刀を構えた場合の右手と似ています。別の例えでは、左手と右手の間のグリップ部分に横ぐしが刺さったクラブがあり、その横ぐしを固定したままクラブヘッドを上方に持ち上げようとすると、左手はグリップの表側を下方に押す力、右手は裏側を上方に引き上げる力で操作出来ると一番効率が良いはずです。アドレスの時点ではそんなに発生していない下向きの力が、ダウンスイングで重さがあるものが上から下に向かって動いてくる事で発生する力(慣性力)があります。これの受け皿として一番力を使わなくてすむのが、右指の三本で裏側を支えている事です。

以上、よかったら一度、ご自身でも研究してみて下さい(^J^)