初心者のクラブ

初心者のクラブを拝見すると、年代物のマッスルバックアイアンを使用している方がたまにいらっしゃいます。

 

ゴルフを始めるにあたり、当面はクラブは買わずに腕を磨けとアドバイスを受けたのかもしれませんし、お父さんやお祖父さんのおさがりかもしれませんが、今の時代は道具の進化によって、クラブが軽くて振りやすい。芯が広くなってミスヒットにも強く、球も曲がりにくくなっているのでその恩恵を受けた方が良いのではないかと思います。

 

マッスルバックアイアンは、その構造から最適な使用者はヘッドスピードの速い男子プロやアスリートゴルファーに限られると思います。女子プロでも使用している人はほとんどいないと思います。車に例えればレーシングカーです。これから免許を取ろうとしている人や、免許とりたての方が扱うには難しすぎるので、ゴルフを楽しみながら覚えたいという人にはお薦め出来ません。

 

よくマッスルバックアイアンを使用しているだけで、上手くなったつもりでいる方がいますが、球の打ち分けどころかシャンクなど打っている姿を度々目撃します。日本の男子プロでも賞金王の藤田選手、二位の谷口選手などマッスルバッグアイアンは使用していませんし、シード選手を調べても、マッスルバックアイアンの使用率は低いでしょう。しかしクラブの造形美は大変に美しいのも事実ですし、パワーと技術が一流ならばこれ以上ない武器だとも思いますし、所有感も抜群でしょう。

 

初心者の方には、芯の広いキャビティアイアンをお薦めします。根性論の時代は終わりました。クラブの恩恵を受けて、遠回りせずに上達を目指して下さい。