頭は残すもの??

レッスンをしていてたまに「スイングの時にどうしても頭が残せないんだ~」と悩みを打ち明けていただく場合があります。確かにこの種の悩みをお待ちの方のスイングをみると、頭と胸が一緒に連動して動く状態になったままスイングしているので、頭だけ残すという事は難しいと思います。逆にこの状態から無理やり頭だけ残そうとすると、頚椎や首周りの筋肉を傷めてしまう可能性が高く、体にとって非常に危険な行為です。

では、頭と胸が連動しないで動く状態とは?

ラジオ体操の中で、顔は正面に向けたまま両腕をだらんと伸ばした状態で体の左右に振る動作(でんでん太鼓のイメージ)があると思います。その動作をしている時の頭は正面に取り残されたままのはずで、両腕が右に振られている時は右足が地面を踏みしめ、左に振られている時は左足で踏みしめているはずです。この動作になると、腕に引っ張られて肩甲骨が動き、背中側の筋肉も大きく使う事が出来ます。

頭を残そうと苦労されてる片や、ビハインドボールの意味がよくわからないという方には、一度この動きに挑戦してみて下さい。新たな気づきがあるかもしれないですよ(^J^)