初心者やアベレージゴルファーは池越えでは大き目の番手で思い切り打つ

初心者やアベレージゴルファーにとって、

 

池越えや谷越えでグリーンを狙うというのはプレッシャーがかかる状況ではないかと思います。

 

 

こんな状況では大き目の番手を選んで打つ人が多いでしょう。

 

ここまでは正解です。

 

しかし、大き目で軽く打つのは危険です。

 

大き目の番手で距離を抑えて打つとキャリーが減ってランが増えるので池を越えにくくなるからです。

 

大き目の番手で番手通りの距離を狙ってオーバーさせるように狙うべきです。

 

これで当たり損ねても池を越えるという保険がかけられたことになります。

 

ちなみに大き目の番手で軽く打つというのは向かい風の対応としてはとても有効です。

 

池越えや谷越えの打ち方としては、高く打ち出そうとしてアッパーに打とうとしたくなるところですが、

 

ダフリやトップの原因になるので特別打ち方を変えずに、

 

スイング軸を安定させるなどフェースに確実に当てられるような注意をしてスイングすることに集中して打ちましょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。.詳しくこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。