固いグリーンの対応策

現在開催中の全米オープンのように、最近は少なくなりましたが、グリーン面が固いとグリーンに乗せるのが難しくなります。

 

 

ショートアプローチでもランが多くなるためにピッタリ寄せるのが難しくなります。

 

もし、このようなグリーンのコースをプレーするとしたら、

 

普段52°のウェッジを多用しているならSWにしてみたり、SWを多用しているなら少しだけフェースを開くなどして、

 

通常よりも転がってしまう分だけクラブや打ち方で距離を落とすようにすると、

 

普段の距離感で距離を合わせることができます。

 

アマチュアの場合は固いグリーンにはなれていないので、こういった対応をして乗り切るといいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。