冬場のゴルフ場はランニングアプローチの特訓の場

冬のゴルフは下の画像のようなライから(ボールが土に接触しているのに近い状況)ショートアプローチをすることが多くなります。

 

このようなライからボールを打つときには、ウェッジのバウンスが邪魔になってしまいます。

 

 

 

バウンス角が大きいクラブを普通に構えるとバウンス部分が接地して、リーディングエッジが浮いた状態になるのでトップしやすくなります。

 

バウンス角の小さいウェッジを持っておくか、長い番手のクラブやパターがボールをミートすることが簡単になります。

 

芝生はボールが転がりやすい状態なのでランニングアプローチが有効になります。

 

ランニングアプローチの一番大きなメリットはボールをミートすることが易しいので距離感に集中して打つことができることです。

 

デメリットは地面の状態を把握することが難しいので距離を合わせるのが難しいことです。

 

ウェッジで急傾斜やラフを飛び越えてグリーンに落とせれば、不確定要素を排除できるのでショットにミスがなければ計算通りに行きやすいのでできればそうしたいところですが、

 

ライが良くないとダフリ、トップの危険性が増すことがウェッジでアプローチをするデメリットです。

 

言いかえるとボールにコンタクトすることが上手ならウェッジで打つべきです。

 

とはいえ、アマチュアゴルファーの中にウェッジで打った方がいいだろうという人は少数だと思います。

 

ゴルフの経験が浅いうちに冬はランニングアプローチの特訓の場だと思って様々な番手でランニングアプローチを経験しておくといいと思います。

 

ランニングアプローチが成功するかどうかは技術よりも経験数が物をいいます。

 

是非冬場にランニングアプローチ縛りのゴルフをするなど、少しでも経験を多く積むようにしてみてください。

 

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします