初級者もバックティからプレーした方が練習になるか?

 

 

アマチュアゴルフあるあるの1つに無理矢理後ろのティに拉致られることがあるかと思います。

 

コンペや競技なら決められたティからプレーするのは当然ですが、そうでなければ自分がプレーしたい距離設定のコースをプレーしたいところです。

 

ゴルフが上手くなるにしたがって後ろのティを使用するようになっていって当然です。

 

ゴルフが上手くなるほど人と競い合うのが楽しく、上手な人が集まれば必然的に長い距離設定のステージで戦うために、日頃から男性ならバックティ、女性ならレギュラーティでプレーして腕を上げていくという構図になります。

 

 

 

 

そうした人たちに初級者の人が後ろのティに連れていかれることがよくおこります。

 

ゴルフを難しい状況で良いスコアを目指してプレーしていくことは自分に足りないものは何かということが浮き彫りにされるのでとても勉強になることは間違いありません。

 

しかし、いつも難しいコースや長い距離設定でプレーすると悪いスコアになることに慣れてしまい、良いスコアが出せそうになったときに出しきれないというデメリットもあります。

 

ゴルフは基本的にティショットではフェアウェイバンカ―が入る距離にあって、パーオンができる距離でバンカーを避けてグリーンに乗せる勉強がとても大切です。

 

しっかりと距離が出せないうち、あるいは自分の飛距離にに見合わない長いティでプレーすると、

 

ティショットではバンカーは気にならず、

 

セカンドショットではグリーン周りのバンカーに届かなくなるのでただのアプローチパター勝負となって、

 

長くてつらいのですがメンタル的には楽なゴルフになってしまい、

 

ただスコアだけが悪くなり反省点の少ないラウンドになってしまいます。

 

ということで、どのティを使うかを目的に応じて変えることで自分にとってより勉強になるプレーをすることができます。

 

大叩きが続いて自信が持てないようなときは易しいコースでプレーしたり、短いティを選択してプレーします。

 

飛距離が伸びてきたので後ろのティにチャレンジしたり、アイアンを買い替えてテストしたいときは短いティを選択したり、

 

自分の目的に応じて使用ティを選択するようにした方がいつも長いティや難しいコースでプレーするよりも効果的なラウンドを繰り返すことができますし、

 

プレーも楽しいと思います。

 

7000ヤード     230ヤード~

 

6300ヤード     200ヤード~

 

5500ヤード     160ヤード~

 

4800ヤード     140ヤード~

 

ドライバーの飛距離に応じてこのくらいのティからプレーすると楽しみながら勉強にもなるゴルフができるでしょう。

 

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします