フォローで左肘が引けてしまうのを防ぐには?

 

 

フォロースルーで左肘が引けてしまうというアマチュアゴルファーは多いのではないでしょうか?

 

プロでもインパクト直前からその後左肘が曲がっている人は意外に多いのですが、引けるのとは少し違います。

 

 

上は現在世界ランキング1位のブルックス・ケプカの画像です。

 

肘と肘の感覚が広いので左肘が曲がっていますが、両肘とも体の正面にキープされています。

 

いわゆる左肘が引ける状態はこの瞬間に左肘が体から離れているか正面より左へ外れている場合です。

 

脇が締まった状態で体の動きに腕とクラブが追随したスイングができれば左肘は引けにくくなります。

 

また、この瞬間でも首の付け根やみぞおちの辺りがクラブヘッドの遠心力と引き合っていれば肘は遠心力で伸ばされるので曲がりにくくなります。

 

また、ヘッドの軌道がアウトサイドイン過ぎる場合も左肘が引けてしまいます。

 

このように、左肘が引けてしまう原因は色々あります。

 

最も多いのではないかと思われる原因の動きを実験してみましょう。

 

気をつけをした状態で左腕だけ前へならえをしてみてください。

 

この左手の位置をそのままにして右手を左手に合わせてみてください。

 

どちらの肘も伸びているはずです。

 

次に、気をつけの状態から左手を身体の真横に向かって肩の高さまで上げて下さい。

 

先ほどと同じように左手の位置をキープして右手を左手に合わせようとしても今度は右手は届かないはずです。

 

届かないので左肘を曲げると引けたような状態になると思います。

 

このときに左肩甲骨を背骨に寄せて、右肩甲骨を背骨から離すと手を合わせることができます。

 

このように、スイング時に腕を肩関節を中心に左右に振る動きは肘が引けてしまう動きになります。

 

肩甲骨の動きや体の回転に腕やクラブが追随するスイングが出来るようになれば肘が引けたスイングは直ります。

 

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします