オーバースイングの改善法

ゴルフのスイングを分けて考える考え方の1つに、

 

① クラブや体を動かして勢いをつける局面

② 動かしたクラブや体の勢いに動かされる局面

③ 動かされたクラブや体の勢いを受け止める局面

 

この3つに分けることができ、①~③がアドレス~トップまでと、トップからフィニッシュの間にそれぞれ起こります。

 

試しに、トップの位置をグリップが肩か肩よりやや下の位置で止まるようにして、出来るだけ遠くへ飛ぶようにスイングするのを動画撮影してみてください。

 

大抵の人はほとんどフルスイングのトップかその近くまで上がっていると思います。

 

これはグリップが肩の高さに行くまでが①の状態で、②で実際のトップまで動かされ、③で受け止めてトップの位置が決まったということです。

 

 

オーバースイングになる人は、①でプロのトップの位置辺りまで動かそうとしているか、②で体の止めておくべき箇所が動かされているか、③で受け止められずクラブや体の勢いを逃がしてしまっているの原因になります。

 

オーバースイングは、①、②、③のいずれが問題か、もしくは複合して問題となっているのかを推測して修正し、トップの位置が適切になるまで行えば直ります。

 

ご自分で判断できない場合は上級者やプロへ相談してみましょう。

 

ただし、体が柔らかすぎるくらい柔らかい方は、オーバースイングが適切といえる可能性もありますので例外とします。

 

軽量化した最近のクラブはオーバースイングによるメリットがほとんどなくなって来たので、コンパクトなトップでスイングできた方がお得です。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。