コース全長の適正な男女の距離の差はどれくらい?

男女の距離の差はどのくらいか調べてみましょう。
米男子ツアーの平均飛距離ナンバーワンのローリー・マキロイは319.8ヤード、
女子ナンバーワンはヤニ・ツェンが276.083ヤード
マキロイの86.3%の飛距離になります。

 

一方、米男子ツアーの平均飛距離50位のO.シュナイダージャン301.7ヤード
女子はマディ・マクラリーで256.705ヤード
シュナイダージャンの85.1%の飛距離です。

 

日本男子ツアーナンバーワンは額賀辰徳で310.07ヤード
50位は正岡竜二選手の288.00ヤード
日本女子ツアーナンバーワンは穴井詩の259.30ヤード
50位は小野祐夢の235.03ヤード
穴井詩は額賀辰徳の83.6%
小野祐夢は正岡竜二の81.6%になります。

 

ちなみに各ツアーの平均飛距離のトップと最下位の選手の飛距離差
米男子ツアーは87.1%、米女子ツアーは84.6%
日本男子ツアーは85.4%、日本女子ツアーは85.5%となっていて、男子ツアーの最も飛ばない選手と、女子ツアーの最も飛ぶ選手の飛距離が同等になっています。

 

これを踏まえると、コースの全長は男子が7,000ヤードだとすると、女子は85%の5,950ヤードくらいが適正差ということができます。

 

とすると、女子は男子の85%の全長、男子は女子の117%の全長が適正ということができます。

 

1ホールで考えると、

 

ティマーク     全長    対象   想定飛距離    18倍

チャンピオンティ  450y  男子プロ   300y           8,100y

バックティ     383y  女子プロ   255y               6,894y

レギュラーティ   325y  女性上級者  217y               5,850 y

フロントティ    276y  一般女性   184y               4,968 y

レディスティ    235y  女性シニア  156y               4,230y

 

男子プロは残り150ヤードを9番アイアン、女子プロが残り128ヤードを9番アイアン、女性上級者が残り108ヤードを9番アイアン、一般女性が残り92ヤードを9番アイアン、女性シニアが残り79ヤードを9番アイアン、85%だとこんな感じになります

 

ただし完全に同等になるとショットの精度が男子の方が必要になるので、85~90%が適正距離差と考えていいのではないか?と思います。

 

これを踏まえて、下は東京オリンピック開催コースの霞が関カンツリークラブ東コースのヤーデージを見て下さい。

 

Tournament 7,466 71   100.0%
Back 6,907 71    92.5%   107.6%
Regular 6,419 71    86.0%   100.0%
Front 5,866 71    78.6%    91.3%
Ladies 5,249 71    70.3%    81.7%

 

オリンピック男子代表がトーナメントティ、女子代表がレギュラーティ、だとすると適正な距離設定になっていると思います。

 

ちなみに男性アマチュアがレギュラーティ、女性アマチュアがレディースティでプレーすると女性がやや有利、男子上級者がバックティ、女性上級者がフロントティでプレーすると適正な距離設定になっていて、とてもよく考えられたわずかにレディファーストな距離設定になっており、とても関心させられました。

 

出来たらレディースティの前にもう一つティインググラウンドがあるべきなのかなとは思いました。

 

多くのゴルフ場が女性に厳しい距離設定になっていると思われますが、あなたのホームコースはいかがですか?

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。
⇒レッスン動画はこちら