トップの位置とフィニッシュの位置は自分の個性を考慮しましょう

ゴルフスイングのトップの位置とフィニッシュの位置はスイングフォームの中でも一番その人の特徴が出る部分になります。

 

下は立位体前屈をしている人の写真ですが、同じことをしようとしていても、ご覧のように柔軟性の高い人と低い人でフィニッシュの型が変わります。

http://nuinui358.dreamlog.jp

https://ameblo.jp

 

トップやフィニッシュの型もその人なりの可動域を使い切った態勢なので同じ意味で個人差が出るわけですが、固い人は大きなトップ、柔かい人はコンパクトなトップにしたがる傾向があります。

 

すると、上の画像の人が膝を曲げて手を低くしたり、下の方がもっと曲げられるのに曲げ方を抑えたりすると自分のベストパフォーマンスを発揮できなくなってしまいます。

 

立位体前屈でいえば、膝を伸ばしたまま自分ができる最大限の前屈をした状態でいいわけです。

 

また、立位体前屈を重い鉄アレイやダンベルを持って行いその重さで前屈させてもらった状態と軽いものを持って前屈させてもらった場合を比べると、重いものの方が前屈が深くなります。

 

これは、昔の重いクラブでのトップの位置と、最近の軽いクラブのトップの位置と似ています。

 

軽いクラブのトップの方が重いクラブのトップと比べてコンパクトになるのが自然なのですが、重いクラブから移行してきた人はクラブが軽くなっても以前と同じ大きさのトップにしようとしがちですが、クラブを軽くしたらトップの位置もコンパクトになっていいということを頭に入れておくといいと思います。

 

ということで、トップの位置は脚の前面を正面に向けたままの意識で股関節上半身のねじれの可動域の限界直前の位置が自分のトップの位置でその位置がどこなのかを知っておくとスムーズなスイングができます。

 

フィニッシュは技術的に体全体を使えるかどうかのスキルに左右されますが、それでも自分の柔軟性に従ったフィニッシュの位置はどのくらいかを知っておくことで無理なスイングをすることは回避できます。

 

無いものねだりをせず、体が固い人も柔らかい人も自分の体をよく理解した上で自分のスイングを見つめるようにすると自分にとってのベストスイングが出来るようになると思います。

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。
⇒レッスン動画はこちら