ギア効果を理解してギア効果を利用してみよう

2つの歯車が左右に並んでかみ合っているときに左の歯車を時計回りに回すと右の歯車は反時計回りに回ります。これに似たことがゴルフのインパクト時に起こることがあります。

インパクト時のヘッドとボールを水平方向から見たときに、ボールがフェースの下の方に当たった場合フェースは下に向いていくので、先ほどの歯車と一緒でボール打球のスピン量が多くなります。

このように隣り合った歯車は逆方向に回転するのに似ていることからこのような現象をギア効果といいます。

ヘッドの軌道がレベルブロー、ストレートでフェースがそれに直角に当たっても、フェースのセンターを外すと、

フェースの上に当たる: スピン量減

フェースの下に当たる: スピン量増

トー寄りに当たる: フック回転

ヒール寄りに当たる: スライス回転

となります。トランポリンの真ん中が一番高く飛び上がれるのと同じでフェースの周辺に当たると初速が遅くなりますが、もしフェースのセンターでとらえてスピン量が減るギア効果を得られるクラブが一番遠くまで飛ばせるクラブになります。

一昔前はスピン量を減らすためにわざとフェースの上の方に当てることで、初速が少し落ちても遠くに飛ばせる打ち方として一つのテクニックになっていました。

現在はセンターに当ててスピン量が少なくできるので一段と飛ばせるようになっています。

このようにクラブの設計ではヘッドの重心位置を変えてギア効果やその他の性質を利用し様々なゴルファーの層を狙ったクラブづくりがされています。

それを知っておくと、様々な弾道の打球を打つ打ち方を見つけていくことにもつながりスキルアップにも役立つでしょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。