インパクトはアドレスの再現ってどういうこと?

ゴルフスイングの古い教えの1つにインパクトはアドレスの再現であるというものがあります。この教えはこう当てたいというインパクトのクラブのポジションで構えてインパクトではその位置に戻しましょうといったニュアンスの言葉です。

言葉通りに捉えるとアドレスの姿勢でクラブも構えた通りに当てなさい。ともとれるのですが、あくまでもクラブだけがアドレスに戻るようにするというのが正解です。インパクトのときの体勢は腰はアドレスよりも左へ向き、肩と肩を結ぶラインもやや左に向き右肘は曲がった状態でクラブをアドレスの位置に戻すべきです。

アマチュアの方でインパクトのときアドレスとの違いがほとんどない人が多いと思います。

クラブも厳密にいうとヘッドの重心位置に影響されて遠心力でシャフトがトーダウン(下向きにしなる)して、目標方向にもしなって当たります。よくプロのインパクトの画像でシャフトが大きく目標方向にしなっている画像がありますがこれはカメラ撮影の仕組み上の錯覚で実際にはヘッドの重心距離分トーダウンして重心の深さ分目標方向にしなって当たるだけです。なので、すごく軟らかいシャフトで打ってもインパクトのしなる量はほとんど変わりません。

このシャフトが大きくしなって当たっているように写る現象はローリングフラッシュ現象とかローリングフラッシュ歪みなどといわれます。

ゴルフで最も重要なのはインパクトです。インパクトで起きていることを理解しているとスイングなどで余計に悩まずに済むと思いますので知識として頭の片隅にでも入れておいてはいかがでしょうか?

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。