アイアンで各番手を上手く打つためには?

今どきのクラブセッティングはロングアイアンの代わりにユーティリティを入れて5~7番アイアンからウェッジにつながります。

アイアンは長い番手からウェッジにかけて重心角が大きくなります。重心角が大きいほどインパクトをハンドファーストにするとすべての番手をまっすぐ打てます。また、短い番手ほど重心の高さが高くなることと相まって、通常1番手ごとに4°ずつロフトが変わるアイアンでもボールの打ち出し角度は2°ほど変わるだけになります。

アイアンは短い番手ほど低く打とうとする意識で打つと各番手を上手に使うことができます。

無意識でそれが変われば理想的です。プロはこうやって当てようと強く意識しなくても自動的にクラブなりのスイングができますが、そうなれるまでの過程は短いアイアンほど低い球を打つように心がけるようにしてみてください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。