距離を打ち分ける

アプローチショットでの距離の調節法についてです。

 

距離を調節するときにバックスイングの大きさを気にする方は非常に多いと感じますが、フォローの大きさを気にしている方は少ないように感じます。

 

実際に今まで接してきた多くの方に質問をしたときに、フォローの大きさで距離をコントロールしていると答えた方はほとんどいません。

 

フォローの大きさでで距離を調節するときには、手首を使わないことを意識してみてください。言い換えるとハンドファーストにインパクトを迎える事と、肩の回転量でフォロースルーの大きさを調節するという事になります。

 

アプローチショットを苦手としている方はぜひお試しいただければと思います。