試行錯誤

ゴルフでは、色々と試行錯誤をしてみましょうというお話です。

 

ゴルフ上達のためには、自分なりのパスワードなるものが大切で、雑誌などでプロによるレッスンがあったとしてAプロは腰を切ってスイングしろと教えているのに対し、Bプロは腰を止めて腕を振れと教えているような場合があります。

 

上記のような現象は、AプロとBプロの自分の経験を通して体得してきたパスワードが違うので起こる事ではないかと思います。

 

アプローチを苦手とする方がいるとしましょう。周りのゴルファーから手首を使いすぎているよと指摘されています。

 

問題点がわかったら手首の動きを抑えるためのパスワード探しになります。

 

例をあげて考えてみましょう。

上記のプレーヤーが右利きで右手の力が強い認識があれば左手とバランスよくするために、右手の力を抜くという選択が考えられます。

 

また右手の力に負けないように、左手のグリップを強めに握る。または左手の強化や感覚を磨くためのトレーニングなどに励むという事も良い方法かもしれません。

 

ゴルフ上達には、仮説をたてて自分なりに試行錯誤する事が大切な要素だと思います。他人から教わる事も大切ですが、苦労して自分で身につけた技術はたのもしい武器になってくれるのではないかと思います。