ランニングアプローチ

冬場のアプローチはランニングが適している事は再三お伝えしてきました。

 

ショートアプローチの場合はボールが空中を飛んでいる間は少し風の影響を受け、ボールが落ちてから数バウンドする間の地面の状態に結果が左右されます。さらに、ボールが転がり始めてから止まるまでも地面の状態によって動き方が決まります。

 

ランニングアプローチの方が、キャリーを出して寄せるのと比べると技術的には易しいのですが、地面の状態をかなり念入りに観察して、ボールの転がり方をるあるに想像できないとピッタリ寄せる事は出来ません。

 

という事で、ランニングアプローチはボールをヒットする事が易しく、地面の影響をなかなか読み切れないという難しさがあるのですが、最大ミスの度合いは小さく済みます。

 

また、2次的にランニングアプローチを打った結果、ボールの動きをよく観察しておけば、グリーンの傾斜の情報を多く採取できます。

 

何度かランニングアプローチにトライして、地面に邪魔されても何度もトライして行けば地面を正確に読めるようになって行きますので、懲りずにトライし続けてみて下さい。

 

冬場はランニングアプローチを磨く季節。くらいに考えてみてはいかがでしょうか?