ランニングアプローチ

コーライや野芝は休眠期に入ってきました。

 

来年の春まで葉が伸びなくなります。

 

ゴルファーが枯れ芝の上を歩くと徐々に擦り切れるようになりボールが浮かなくなるので、ボールを高く上げる事が出来なくなります。

 

そして、転がるボールに対して芝の抵抗が小さくなりボールが転がりやすくなります。

 

このような条件だと、芝生の休眠期間のゴルフはボールを転がして攻める事が有効になります。

 

グリーン周りでパターを使える範囲は拡がります。

 

バウンス角の大きいAWやSWはボールに当てにくいので、バウンス角の少ない物にチェンジするか、PW、9I、8I・・・・・・が使用クラブとしては適しますので、夏場にSWとAWだけでショートアプローチをこなしているとすれば、PWを使う機会を増やすなどして行くと確実性がzっプすると思います。

 

冬場のショートアプローチは、夏場に使用している番手よりも1クラブ、2クラブ長い番手を使ってこなしていくとランニングも上達し、アベレージスコアも夏場と同様に維持できる可能性を高く出来ると思います。