自分に合ったウェッジ

スコアメイクにおいてアプローチの重要性はゴルフの経験が長い方には説明はいらないでしょう。

 

しかし、ドライバーの試し打ちに比べると、色々なウェッジを試し打ちをしている方は少ないように感じます。

 

スコアメイクに関わるウェッジですが、大きく2分してローバウンスのモデルとハイバウンスのモデルは打っておくと良いと思います。

 

それぞれのメリットとデメリットを簡単に挙げてみます。

 

ローバウンスのデメリットとしては、フェースを開かないと地面に刺さりやすい。ボールが浮いている場合達磨落としになりやすい。メリットとしてはボールを上げやすい。硬い地面で跳ねにくいなどでしょうか?

 

ハイバウンスのデメリットとしては、ボールを上げにくい。地面が固いと跳ねやすい、メリットとしてはフェースを開かなくても地面に刺さりにくい。達磨落としになりにくいと言ったところです。

 

ゴルフは成功体験を増やしながら、順調にレベルアップをするのが理想的ですが低く打つアプローチを練習する時には地面に刺さりにくいハイバウンスのモデルを使用したり、反対にボールを高く上げる練習をする時にはトップしにくいローバウンスのモデルを使用するなんて方法はとても良いのではないか?と思います。

 

日本のゴルフ場の大多数は、コーライ芝のフェアウェイやラフが多いのでボールのライは比較的浮いているケースが多いと思います。またコンペでは6インチを使いボールを綺麗に浮いた状態からアプローチを出来たりする事も可能でしょうか?

 

自分のミスを分析したり、そのゴルフ場に適したバウンスのウェッジを使用するなど工夫してロースコアを目指されてください。