アプローチのNGパターン

アプローチショットについてです。

クラブフェイスを開いて使う場合と、閉じて使う場合に最もやってはいけないミスについてお話しします。

上記の開いて使う、閉じて使うという表記はロフトを増やす、ロフトを減らすという意味合いで使用します。(あくまでクラブフェイスの向きはターゲットにスクエアです。)

まずクラブフェイスを開いて使う場合ですが、やってはいけないミスはトップです。

理由はフェイスを開くとリーディングエッジが浮いて刃が出ます。その部分でボールの上部を叩くとバックスピンがかからず目標を大きくオーバーするようなミスに繋がります。

反対にフェイスを閉じて使う場合ですが、やってはいけないミスはダフリです。

理由はフェイスを閉じるとクラブヘッドのバウンスが効かなくなります。ボールをクリーンに捉えれば問題ありませんが、ダフッた場合には地面に刺さりやすくなります。ザックリして球が少ししか飛ばないミスに繋がります。

という事で、クラブフェイスを開いて使う場合はダフリ気味に、反対にクラブフェイスを閉じて使う場合はトップ気味にボールを捉えると大きなミスを防げる?

というお話でした。