冬の攻め方

冬場のアプローチは安全第一をお勧めします。

理由は、ライが悪いケースが多い事と、ボールが止まりにくい事です。

上記の傾向が多くなる事を念頭に置いて、グリーン周りを攻略するように考えてみましょう。

スピンをかけたピッチショットやロブショットを薄い芝から打つには、極めて高い技術が必要です。技術不足の方がトライすると、ザックリ、トップ、2度打ちなどのミスが出るかもしれません。また例え上手く打てても、夏場よりもグリーン上の摩擦も減るので、スピンが思ったよりも掛からないと感じる方も多いと思います。

冬場はスピンで止めにいかず、ランニングアプローチやピッチエンドランを使う、またその状況が行える場所にショットを運ぶマネージメントを心がけると良いと思います。