距離感がつかめないケース

今日はアプローチの距離感についてです。

 

私は、アプローチショットの時に、距離のイメージがスムーズに湧いてこないケースがあります。

 

砲台グリーンでピンの上部しか見えていない場合など、落としどころが確認出来ない場合は特にイメージが湧きません。

 

そんな時には、私はグリーンやピンではなく、グリーンサイドに目線を切り替えます。グリーン横にある樹木、バンカー、コブのある斜面など何でも構いません。

 

例えばピン迄の距離と、グリーンサイドにある木までの距離が同じ位かなと感じれば、木までボールが飛ぶスピード感で素振りをします。ピンより木までの距離の方が遠いかなと感じれば、木の手前5ヤードとか、10ヤードとか・・・反対の場合もあります。

 

アプローチショットでは、「何となく強く打ってしまえ的なアバウトさ」は、時に大叩きにつながる状況に陥ってしまうでしょう。

 

皆さんもアプローチ時に、距離感がいまいち湧いてこない場合、ピンではなく、グリーンの両サイドに目を向けてみると、思わぬ発見があるかもしれません。。。