寄せワンを狙う

練習場では、アプローチの距離感が合うが、コースでは距離感がいまいち合わないという人がいます。

 

もちろんザックリやトップを打ってしまえば、距離も合うはずはありませんが、ちゃんと打てているのに距離が合わないという方は、的確な状況判断が出来ていないケースが考えられます。

 

練習場と違い、コースには傾斜がありますし、落としどころの地面の固さや、ボールの止まっているライなどを把握した上でショットをする事を、確実に実践しましょう。

 

まず傾斜についてですが、左足上がりの場合は斜面に沿ってアドレスをすると、クラブのロフトが増えます。平地と同じスピードでクラブを振るとショートします。反対に左足下がりの場合は斜面に沿ってアドレスをすると、クラブのロフトは減ります。平地と同じスピードでクラブを振るとオーバーします。

 

次にボールの落としどころの地面が硬い場合は、ランが増えてしまいます。反対に柔らかい場合にはランは減ってしまいます。またボールの落としどころが下り傾斜であればランが増えて、上り傾斜であればランは減ります。

 

次に風の影響も考えられます。追い風ではランが増えて、向かい風はランが減ります。

 

次にボールのライですが、順目にボールがある場合は、芝の抵抗は少ないのですが、逆目の場合インパクトで、クラブスピードが急激に減速して距離が落ちてしまう場合もありますし、反対にスピンが掛からず、転がりの多いボールになってしまう事も考えられますので、アプローチで最も厄介なライは逆目のライだと言えるかもしれません。

 

 

練習場では、一度地面の硬さを把握してしまえば、距離感を掴む事は易しいでしょうが、コースでは、毎ホールのように、違う状況の中でアプローチをする訳ですから、練習場のように行くはずはありません。

 

プロゴルファーや、上級者はティショットやセカンドショットなどでは時間をあまり掛けませんが、グリーン周りに来ると時間を掛けるのは上記のような情報収集がいかに寄せワンの為に必要なのかを理解しているからだと思います。

 

ゴルフのスコアは、ショートゲームによって作られます。プレーの進行に留意をしつつ、的確な状況判断が出来る事を目指して下さい。

 

上級者やプロとラウンドする機会があった場合、質問をすると的確なアドバイスをもらえると思います。