アプローチのクラブ選択とウェッジのロフト

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ アプローチのクラブ選択のお話です♪

 

昔のウェッジのロフト設定はこんな感じでした。

 

40年前     9I 46°   PW 50°   SW 56°

 

20年前     9I 44°   PW 48°  AW 52°~53°  SW 56°~58°

現在       9I 39°~44°    PW 44°~48°  AW 48°~53°  SW 54°~58°

 

40年前は「ショートアプローチと言えばPW。」、 20年前なら「PWかAW。」、 現在は・・・・・・・・・?

 

セットによっては  9I 39°  PW 43°  AW 47°   A/S 51°  SW 56°  なんてセットもあります。PWはもはやアプローチ用のクラブではなくなっているセットもあるんです。

何が言いたいかというと、現在のショートアプローチのクラブ選びはロフトで判断しましょう。ということです。

 

上記のように多様なロフト設定のため、セットもののウェッジ以外は51や53などロフトを表示してあります。

 

最近クラブを変えた方で、知らずに48°のAWでアプローチしていたところ、ボールが止まらなくなったと嘆く方がいました。以前は52°のAWを使っていました。毎回AWだと思ってPWでアプローチをしているようなものなので、当然ボールは止まらなくなります。

 

ということで、最低限自分が使っているアイアンセットのロフト設定はチェックしておきましょうというお話でした。

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|