ラフからのアプローチはロブショットがいい?

 

夏場の深いラフからのアプローチはフェースを開いてロブショットを打つか、大きくかぶせてランニングアプローチをすると、

 

強い芝生に負けずに打つことができます。

 

 

ここでいうフェースを開くかぶせるというのは、グリップをするときにシャフト軸を時計回りに回してグリップすることを開く、その逆をかぶせるということにします。

 

フェースをアドレスから大きく左右に向けると、軌道上から見たヘッドの投影面積が小さいのでラフの抵抗を軽減できます。

 

フェースを開いて打つには通常よりヘッドスピードを速くしなければならないので、ロブショットはヘッドへの芝生のの抵抗が減り、

 

ヘッドスピードも速いのでラフからのアプローチではとても有効なショットになります。

 

グリーン周りのラフでボールが深く沈んでいるときはロブショットも選択肢に入れるといいと思います。

 

例え転がしていきたい状況でもラフに負けないためにロブショットを選択することはショットの選択として間違いではないと思います。

 

暑い時期はラフからのショットがスコアを左右します。

 

状況に上手く対処して良いスコアを目指しましょう。

 

 

 

 

GSゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。