トップで寄せる

砲台グリーンを少しこぼれたと思ったら、傾斜を転がってラフに引っかかって止まった。というケースって時々遭遇する状況です。

 

このようなときは、ボールを境にダウンスイング側がラフ、フォロー側が刈り込んだ短い芝生、という状況になり、ラフの中に沈んだような状態になり、しっかり打つとフォロー側で思わぬ加速が起きてオーバーしやすくなります。このようなときはどのように打ったら良いでしょうか?

 

数年前ですが、石川遼選手が上記のような状況に遭遇しました。どの試合のどのホールかは覚えてないのですが、この時はラフの抵抗を回避する方法として、ピン型のパターをフェースが自分の方に向くようにグリップしてストロークすることでターゲット側から見たヘッドの投影面積を少なくすることでラフの抵抗を回避し、パターのトーでヒットして上手くホールに寄せてパーをセーブしました。

 

石川選手のとった方法は最近多い、マレット型のパターでは逆効果になってしまいます。そこで、ここではサンドウェッジを使った、比較的ポピュラーな打ち方を紹介します。

 

使うクラブはサンドウェッジです。

 

結論から言うと、サンドウェッジのリーディングエッジでボールの赤道を打って転がす打ち方です。

 

まず、通常のアプローチと同様にセットアップします。テークバックも通常通りで構いません。ここからインパクト時にセットアップ時の手の高さに戻すのですが、ボールの赤道にリーディングエッジが当たる程度のハンドファーストでヒットします。すると、パターのような転がりで斜面を駆け上がり、グリーン面に到達します。

 

ボールの赤道にリーディングエッジが当たると言うことは通常よりもボールの半径の2センチ強、インパクト前のヘッドはラフの浅いところを通るので少ない抵抗の中でインパクトを迎えることができるのでショットの結果が予測しやすいというメリットがあるショットです。

 

ただし、リーディングエッジが赤道から大きく外れるとボールが弾んだり、上に上がってショートしてしまうミスにもなりますので注意が必要です。

 

この打ち方を、家でパターマットやカーペットの上で練習してください。上記のような状況からの脱出やヘッドの最下点の高さのコントロールの勉強になりますよ。v(。・・。) オッケー♪

 

また、二次的に左にボールを置いて同様に打つことで、パッティングストロークのヒントがつかめるかもしれません。

 

一石三鳥の練習です。 お試しあれ ((((((( ‥)ノ |EXIT|

 

また、