バンカーショットとラフからのロブショットの違い

 
ガードバンカーからのエクスプロージョンショットとロブショットは構え方、振り方は同じものと考えて差し支えありません。

 
エクスプロージョンショットといわれる打ち方は、バンカーのアゴの高さを確実に越えるためにフェースを開くため結果的に砂を爆発させることになるだけで、ボールの手前の砂を爆発させることは目的ではありません。
 

 

シャフト軸を時計回りに回転させてフェースを開くと、バウンス部分がリーディングエッジよりも下に下がるので、インパクトでリーディングエッジをボールに下に入れるとリーディングエッジよりバウンスが砂の深いところを通るためにインパクト前からバウンスが砂の中に入るので結果的にボールの手前の砂を爆発させることになります。

 

エクスプロージョンショットではヘッドが砂の中を動いている間は砂面と平行に動くのが基本です。
 
ラフからのロブショットの場合は少しアッパーに打つべきで、そうしないとダルマ落としのようになってしまいます。

 
アッパーに打つためにはエクスプロージョンショットの砂面と平行にヘッドを動かすスイングよりも、インサイドアウトにスイングしボールの位置はやや左にします。

 
ロブショットはボールと地面の隙間が無いと打てないショット、ですから夏場はトライするチャンスです。
普段あまりロブショットを打つことがない人も、是非積極的に挑戦して欲しいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。

⇒レッスン動画はこちら