ピッチエンドランとロブショットのスイングの違い

 
関東は間もなくフェアウェイの芝生が生え揃ってボールが芝生の上に浮いた状態になり、フェアウェイからのショットが打ちやすくなっていきます。


2018.4.22茨城県のゴルフ場
 
ボールが浮かない冬場はランニングアプローチが安全な打ち方だったわけですが、ピッチエンドランとロブショットの難易度が低くなるので、ロブショットを活用できるとプレーに易しさと幅が出来ます。

 
ピッチエンドランとロブショットのスイングの違いは、
ロブショットはフェースを開いてグリップすること、フラットなヘッド軌道で振ることの2点
セットアップはフェースを開いて右に向いている場合は、その分だけ左を向き、ややハンドダウンで構えることの2点です。

 
それ以上のことを変えてしまうととても難しくなってしまいますし、違いが足りないと結果がついてきません。

 
バンカーショットとロブショットはほぼ同じ打ち方でOKです。

関連記事
夏場はロブショットの実戦練習のチャンスです
 
GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。
 

you tubeにレッスン動画をアップしています。

⇒レッスン動画はこちら