カウンターバランスの効果

近年のドライバーの特長は軽長大、つまり、クラブ全体が軽く、ヘッドが大きく長くなっています。

 

ヘッドが軽いほど物理的にはヘッドスピードが上がるために飛距離が出るようになっています。

 

ヘッドが軽いとオフセンターヒット(芯を外した)時の飛距離ロスが大きくなるというデメリットがあります。

 

ショットの安定を重視したい場合はヘッドを重くするという方法があります。

 

ヘッドだけが重いと振りにくくなるので、

 

グリップエンドに重量を加えてスイング中に感じるヘッドの重さを軽くすることで振りやすさを作り出す方法があります。

 

これをカウンターバランスにするといいます。

 

 

フェアウェイウッドよりもシャフトを軽く硬くしてヘッドとグリップエンドを重くすると、

 

長くて重いが振りやすいドライバーになります。

 

シャフトを短く、よりヘッドを重くするとより正確性を重視した仕様になります。

 

現在のドライバーは他の番手と別物の存在ですから、

 

どうせ別物になるなら重量配分を工夫して目的に特化したクラブに仕上げて使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。.詳しくこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。