高速グリーン対策

最近はグリーン用の芝生の品種改良によりゴルフ場の一般営業でもかなり速いグリーンを管理できるようになってきています。これにアマチュアゴルファーやパターメーカーも対応しているわけですが、具体的にはどのように対処すればいいでしょうか?

 

 

打ち方としては遅いグリーンの場合、小さいストロークからのヘッドを急加速させるような打ち方で、速いグリーンの場合は大きめのストロークでヘッドをゆっくり加速させて打つといいと思います。

 

パターの道具としての違いは遅いグリーンの場合、軽く柔らかいシャフトでヘッドは軽くロフトは大きめが適していて、速いグリーンは重く硬いシャフトでヘッドは重くロフトは小さめが適します。

 

この高速グリーン用の条件を満たしているパターとしては長尺パターが挙げられます。長く重く硬いシャフトに長いグリップを装着してより重く作られ、ヘッドも重くなっています。男子プロゴルフツアーのようなかなりの高速グリーンにはとても適しているといえます。

 

ただ、中長尺パターを使うアマチュアプレイヤーはかなり少数だと思います。

 

お気に入りのパターヘッドに鉛を貼ったものとそうでない物の2本を用意しておければ理想ですがなかなかそうもいかないので、ソールの形状に合わせて切った鉛を何枚も用意しておき、特別速いグリーンや遅いグリーンのときに貼ったり剥がしたりをすぐにできるよう複数枚用意しておくなどするといいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。