20~30ヤード以上のバンカーからは番手を上げよう

ガードバンカーからのエクスプロージョンショットは残り20ヤード以上となるとホールまで届かせるのが難しくなっていきます。

 

女性のアマチュアゴルファーはバンカーショットの際ボールをクリーンに打っていこうとする人が多く、こういった方は短い距離が難しくなります。

 

エクスプロージョンショットの限って言えば、残り距離が長い場合には番手を変えて対応すると比較的簡単にホールまで届かせることができます。

 

わたくし個人的には8番アイアンで通常150ヤード、エクスプロージョンショットで70ヤードくらいを目安にしています

 

 

フェースの開き方はソールの真ん中のバウンスを地面につけて自然に右に向く状態で握りショットします。

 

練習場のマットでも練習ができます。

 

打ってみて大きなスライスになれば成功です。

 

このときにボールに当たる前にマットにバウンス部分が当たっていればバンカーからでも脱出成功しているはずです。

 

サンドウェッジのバンカーショットがある程度できる人なら慣れの問題でクリアできると思います。

 

基本は30~70ヤード残りのバンカーに入れないことが重要ですが、もし入ってしまったときのために準備しておいてはいかがでしょうか?

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。