安定したゴルフとは、再現性をあげること!

 
体験レッスンにいらっしゃる方にどのようなゴルフが出来るようになりたいですか?とお尋ねすると、
「安定して○○したい」とお答えになる方が多いです。

曲がってもいいから飛ばせるようになりたい、という方もいらっしゃいますが、安定させたいと思う人が多い傾向があります。

 
スコアを安定させたい、ショットをいつも真っ直ぐ飛ぶようにしたい、安定して芯で打てるようにしたい。

 
これらの大元は、安定したストロークと精神状態になるのですが、今回は安定したストロークとはどんなものか?を考えてみましょう。

 
言い換えると安定したスイング、再現性が高いスイングが出来るようになれば安定したショットが打てるようになります。

 

 
そのためには、身体の必要な部分だけが動くスイングが出来るかどうか?にかかります。

 
肩関節や手首の関節はとても自由に複雑な動きができるので、ロックして余分な動きをを排除します。
筋肉でロックする以上遊びができるので、その分だけがバネのように動き、このかたまりが肩甲骨が動く事で移動します。
 
そして、このかたまりが安定した軸の周りを動けば再現性が高いスイングとなります。

 
こういう仕組みを解った上でスイングを作って行けば、安定したゴルフが出来るようになるでしょう。

 

理屈やクラブと身体の動きを実際に体験してみて下さい。
GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。     ⇒レッスン動画はこちら