カート道から救済を受ける時のニアレストポイント

カート道から救済を受ける時のニアレストポイントを決める時に単にボールが近い方のサイドにドロップすると勘違いをしている人が多いようです。

 

golf青杭2

 

図のように救済を受ける時はボールだけでなくスタンスもかからないところにニアレストポイントを設定しなければならないので、右打ちの場合、ターゲットに向かってカート道の左がニアレストポイントとなる事が多くなります。

 

また、カート道から救済を受けずにそのまま打ってもいいのですが、アマチュアの方はクラブが傷ついてしまいますので救済を受けてしまった方がいいでしょう。

 

ルールを正しく理解して楽しくプレーしましょう。